株式会社介護用品愛ショップ
店長ブログ

魔法の靴 ”増える安心減る負担”

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

こちらも合わせてお読みください!

■ビーコン端末を装着した「魔法の靴」

認知症で徘徊癖があっても「その人らしい、のびのびとした生活をしてもらいたい」「人が人として生活をしていたい」。そんなご家族や管理者様の希望を叶えられる商品が誕生しました!
ビーコン端末は施設の玄関にレシーバーを設置することにより、そこに人が一定距離内(20m~40m以内)に近づくと反応し、そのことを施設管理者のスマートフォンやタブレットにメールで知らせます。離設しようとする人を事前に検知します。これにより、今までのように、玄関口を厳重に固めたり、人の眼で四六時中見張るなどの気苦労から解放されます。

今まで認知症などのため徘徊や問題行動があり、施設で受け入れが不可能であった方の受け入れに関しても、”魔法の靴”を上履きに採用し、事態の打開に動き始められた施設様もございます。

1

■位置検索端末を”持たずに持たせる”ハイブリッドインソール魔法の靴

ビーコンインソールはHAMALO社製見守り位置検索サービスを利用します。HAMALO社製のビーコン端末(キンセイ)を利用者(認知症の方)の靴の中に内臓して持たせ、キンセイの発する電波を「定点レシーバー」やキンセイアプリが、インストールされた「サポーター(地域の見守る人々)」のスマートフォンで捕らえ、保護者や施設管理者のスマートフォンやタブレットで位置情報を確認できるようになります。

●定点レシーバーでの位置情報確認のしくみ

キンセイ端末を携帯している利用者が定点レシーバーに近づくと、近づいたキンセイ端末の情報がサーバーに送信されます。保護者・管理者はキンセイアプリをインストールした自分のスマートフォンやタブレットで位置情報を確認することができます。

●キンセイでの位置情報確認の仕組み(サポーターの場合)

キンセイ端末を携帯している利用者の近く(20m~40m以内)にいるサポーターの情報が、キンセイのサーバーに送信されます。保護者や管理者はキンセイアプリをインストールした自分のスマートフォンで、その位置情報を確認することができます。

 

4

 

■経験と実績が成し得た「ハイブリッド魔法の靴」

5

・ビーコン端末の重さはわずか15g 縦60mm、横37mm、厚さ12mmの超小型
・ビーコン端末をインソールの穴に挿入
・インソールを靴の中に収め、上に既製のインソールを被せる
・GPS端末と合わせて使えばさらに安心
※GPS端末についてのご案内は「こちらから」

 ■用途・目的に応じて3タイプからお選びいただけます

無題

・タイプAの金額は、2年契約一括払いの場合です(GPS通信料を含みます)
・タイプBは使用期限の定めはございませんが、Beacon端末の電池寿命は1年間です。電池残量は携帯端末で確認でき、残日数が表示されます(専用電池は2個875円/オプションで販売します)
・定点レシーバーにはシムカードが必要となります。
・Beacon端末(キンセイ)購入者の端末料金とは別に月額利用料定額480円が必要です。キンセイアプリをインストールした時点より月額利用料が発生し、アプリ提供会社より引き落とし決済となります。サポーターは無料でキンセイアプリをダウンロードできます。
・ご注文の再は上記3タイプより選択後ご指定ください。

キンセイについてはこちら